読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

50代の主婦がアフィリエイト始めてみた

50代の主婦がアフィリエイト始めました。アンリミを武器にどこまで戦えるか。

ちょっと気が付いたこと

先日、購入して現在実践中のアンリミですが、これには毎日のフォローメールもついています。

アンリミを実践していく中で、押さえておかなければいけないこと、モチベーションを保つためにはどうすればいいかなど色々と参考になるようなことを伝えてくれています。

その中で、なるほどと思ったことがあったので忘れないようにここに書いておきます。

 

「あなたのメッセージはそこにありますか?」

 

読んだ時、それはちゃんとしているよ、と思いながら読んでました。でも、読み進めていくうちに、自分の書いていることはホントにメッセージといえるんだろうか、という思いがわいてきました。

 

アフィリエイトは継続すると稼げるようになります!」

 

これはメッセージではなくて実際のことだという指摘。確かに言われてみればそうなんですよね。

私はまだ結果は出せていませんが、アンリミの製作者やほかの情報商材を扱っている方々は当然、結果を出しているわけです。そして、私もそれに向かってこうやっていろいろと記事を書いているわけです。

 

となると、メッセージはどうなるんだろう?

そんな風に思ってしまいますよね。その答えも、ちゃんと用意してくれていました。

 

アフィリエイト作業を継続するためには、毎日の作業記録をつけて、自分の作業内容を確認することが重要です」

 

こうやって、作業を継続するためにはどうすればいいかという提案をする。これがメッセージだということなんだそうです。

そういう風に言われてみて、納得した自分がいたというのも事実です。そして、今まで書いてきた記事がどうだったんだろうという風に思い返してみた時、ちょっと寒気がしたのも事実です。

 

なにしろ、今までの記事でそういう風に『提案』を意識して書いた記事がほとんどないような気がしてきたからです。

そりゃ、反応もないわ~

これが素直な感想です。そして、『提案』ではなく当り前のことを『確認』しているだけの記事で文字数が増えるはずもないですよね。

500文字くらいまでは一気に書けても、それから1,000文字前後にするまでにいつも四苦八苦していたことも思い出しました。

これも自分の『主張』というものがないがための弊害だったのだということを感じることができました。

 

こういうのって、今までいろいろな教材を購入してきましたが、指摘はなかったような気がするな~

というよりも、あったかもしれないのに読み取れていなかったのか?

とにかく、今回はこのように気が付くことができました。これからは、毎日、何をしたのかノートに書いていくことにしようっと。